Gorgeous-Selection

Life is change.Growth is optional.Choose wisely.

2泊4日シンガポールの旅 ハジレーン と アラブ、インド人街

シンガポールは面白い国ですね。1つの都市が1つの国を構成し、地方自治体が存在しない国。他にもシンガポールならではの国のシステムが色々ありますが、多文化主義もシンガポールの特色の1つ。まずはアラブ人街と呼ばれる場所へ。

 

ATLAS

 


f:id:selection3:20180804094234j:image

アトラスは世界中のジンが味わえる豪華絢爛なBar。まるで古代文明にタイムトリップしたような時を過ごせると思います。

f:id:selection3:20180804163454j:image
ヨーロッパとNYの摩天楼からインスピレーションを受けデザインされたそう。
f:id:selection3:20180804163520j:image
今回頂いた「Tamara in the Green Bugatti」はフレンチジンベースの香り高くスッキリした味わいのカクテル。見た目はシンプルですが、シンガポールの暑さに清涼感を与える一杯です。
f:id:selection3:20180804173247j:image

Smorky Beef Paff

f:id:selection3:20180804163901j:image

Burnt Edges of a Margheri
f:id:selection3:20180804163919j:image

メニューにはフィンガーフードの他、パスタやスイーツ、フレッシュジュースに紅茶やお茶も多種類あります。
f:id:selection3:20180804164548j:image

ATLASがあるのは「Bugis Station」(ブギス駅)という駅から徒歩3分の場所。他とは違う重厚感ある外観ですぐに分かります。
f:id:selection3:20180804175228j:image

さらにこのブギス駅にはもうひとつのオススメスポット

Haji Lane 
f:id:selection3:20180804175504j:image

「ハジレーン」と呼ばれるストリートがあります。色で溢れるこの辺りは、それぞれが個性的なのに全体で調和が取れているおもちゃ箱のような場所。洋服、雑貨、食器にカフェ。何でもあってお土産探しに良い場所ですね。
f:id:selection3:20180804180513j:image
f:id:selection3:20180804180523j:image
f:id:selection3:20180804180625j:image
そしてここに隣接してアラブ人街があります。
f:id:selection3:20180804180720j:image

金曜日は礼拝の日なので中の見学は出来ませんでしたが、縁日のような催し物がありました。

ハッキリとした色の液体で目をひいたのが「バラのジュース」「スイートコーンジュース」「つばめの巣ジュース」。なかなか勇気が要りますね。
f:id:selection3:20180804180930j:image

通りには薄手のパシュミナが驚くほど安く売られていました。
f:id:selection3:20180804220318j:image

ご覧のように綺麗に広がる青空ですが、滞在中この日の午前中だけは雨が降りました。

天気は観光に重要ですね。
f:id:selection3:20180804220839j:image

ブギス駅ではこの「ATLAS」「ハジレーン」「アラブ人街」の観光で十分かと感じていますが、暑い中でもまだ大丈夫。という方は駅から反対方向に5分程進んだ所に、まるで巨大なアメ横のような場所があるので覗いてみては。

ALBERT CENTRE
f:id:selection3:20180804221410j:image
f:id:selection3:20180804221420j:image

南国フルーツがたくさん!
f:id:selection3:20180804221504j:image

 次はブギス駅から数駅離れたエリアにはインド人街へ。
f:id:selection3:20180804222821j:image

たまにインド寺院もありますが、街並みはそれほど特徴はありません。
f:id:selection3:20180805204939j:image

シンガポール情報でたまに紹介されている「ムスタファセンター」というショッピングビルに行かれる時は、「Farrer Park 駅」を利用されるのが一番近い駅となります。

 

シンガポールの暑さの為、「ホーカーズで地元グルメを味わう!」企画は実行できませんでしたが、到着時からチャンギ空港で気になっていた人気店で「カヤバタートースト」を試すことが出来ました♪

1983 Cafe Nanyang @ Terminal 2
f:id:selection3:20180805205337j:image

レトロな雰囲気の店構え。いつもたくさんのお客さんで賑わっています。

カヤバタートースト
f:id:selection3:20180804230013j:image

カリッと焼いたトーストに、バターの薄切りとカヤジャム(ココナッツミルクに卵、砂糖、パンダリーフという香草を煮詰めたジャム)を挟み、それをだし汁を入れた温泉卵につけて食べるものです。

不思議な組み合わせですが、意外にも良く合います。朝食によく使われる食材ばかりを面白い組み合わせ方で食べているご当地グルメは是非一度お試し下さい♪

お土産もやっぱりシンガポールならではのお店で。

ブンガワンソロ
f:id:selection3:20180805075520j:image

カラフルなケースと種類豊富なクッキーで人気との情報。ほぼ全てのクッキーを味見をしてから買えます。どれも素朴な美味しさです。昔こんなクッキーあったよね♪そんな懐かしい味の中からピーナッツクッキーを購入しましたが。1粒1粒がソフトに成型されている為、帰宅後に蓋を開けたときには形がなくなりつつありました。贈答用には固めにできた種類のものを♪

チャンギ空港ターミナル2には日本食フードコートまでありました!

Japanese Gourmet Hall SORA
f:id:selection3:20180805205915j:image

シドニーには無い、大好きな「鶴橋風月」でモダン焼き頂きました♪作っいるのはシンガポールの方ですが、日本のままの味。さすがです。

続いてチャンギ空港ターミナル2のSTARBUCKSで見つけたご当地メニューをご紹介。
f:id:selection3:20180805210822j:image

まさかのお蕎麦メニューがありました♪シンガポールならではの気候に合わせたメニュー展開ですね。

 

今回の滞在は丸2日間と半日でしたが、今のシンガポールを観ることが出来てとても楽しい旅となりました。ガーデンズ バイ ザ ベイのスーパーツリーも写真ではなく現物が目の前にあるってやはり楽しいものだな。と感じます。

暑い国なので、のんびり歩きながらながら観光。という訳にはいきませんが、タクシーもお安いので上手に利用し、目的地をしっかり決めてから動けば満喫できます。

お休みが4日取れたら遊べるシンガポール。冬に行くのがオススメです。